男性におすすめサプリ解説書

男性におすすめのサプリをご紹介します

体内での亜鉛の働きとは

7月-30-2015 By ライズ

亜鉛はよく知られている金属の一種ですが、

生物の細胞内にも微量が含まれています。

 

当然ですが人の体内にも含まれていて、

体を正常に保つためにいろいろな働きをしています。
亜鉛が生物全般に含まれているという事は、

食事を通して人の体内にも吸収されます。

 

食材には、動物性の肉や魚介類と

穀物や野菜など植物性のものがありますが、

どちらかといいますと動物性の食材に多く含まれています。
食事から取り入れられた亜鉛は、

小腸で約3割が吸収されて体内に取り込まれます。

 

その多くは、骨や筋肉、肝臓などの臓器にあって、

タンパク質と結合しています。
体内における亜鉛の直接的な働きは、

多くの酵素を活性化させること、

タンパク質、ホルモン、DNAなどを合成することなどがあります。

 

その他にもホルモンの分泌量や

免疫反応を適度に調節する役目もしています。
偏食や特殊な薬の服用などで

体内の亜鉛がたりなくなった時には、

次のような症状があらわれます。

 

有名なのは味覚がなくなるというもので、

次いで免疫力の低下から

皮膚炎などを起こしやすくなります。

 

他には、食欲不振、下痢が続く、

貧血、成長期の子供では発達障害などがあります。
なお、亜鉛の摂取過多の時には、

これも体にとって必要な銅の吸収を妨げますので

注意が必要です。

Comments are closed.